今年のtoto開催分、全22回の枠での、
1(H勝ち)0(引き分け)2(A勝ち)の出現数をまとめてみました、
見方は単純で、551~581回のうち1枠で1がでた回数は7回、
0がでた回数は6回、2がでた回数は9回です、
まとめてみると、4、10、11、12枠では0がでる確率は低いようです。
今年のtoto開催分については、そのつど更新する予定です。

551~581回(2012年) 枠での102出現数
1枠2枠3枠4枠5枠6枠7枠8枠9枠10枠11枠12枠13枠
1(H勝ち)07131014100811130909100810
0(引き分け)06050703060505050603030207
2(A勝ち)09040505060906040710081205

にほんブログ村 サッカーブログへ 
お役にたちましたらポチっとお願い致します。
581回は今年6回目のキャリーオーバー。

 350回~581回 1等金額
100万円未満6回
1000万円未満25回
1000万円以上63回
キャリーオーバー35回

にほんブログ村 サッカーブログへ 
お役にたちましたらポチっとお願い致します。
第581回 toto
No.開催日ホームアウェイ予想結果
107/28札 幌名古屋21
207/28浦 和磐 田101
307/28 柏 C大阪11
407/28川 崎大 宮121
507/28神 戸G大阪100
607/28仙 台鳥 栖10
707/28鹿 島広 島020
807/28横浜M清 水021
907/29甲 府東京V101
1007/29福 岡草 津022
1107/28F東京新 潟122
1207/29町 田京 都22
1307/29愛 媛大 分022
toto予想メーカー

当たりそうで当たりません、
W予想で外したマリノスー清水がかなり痛い、鬱です。
キャリーオーバーで3等でも67,000円、運もない回でした。

にほんブログ村 サッカーブログへ 
お役にたちましたらポチっとお願い致します。
⑨甲府-東V ○
10人対10人だったが、甲府は4連勝で首位奪還、ダヴィ以外での得点も好印象。
ヴェルディーは12戦連続得点も首位陥落、移籍や出場停止も影響してるのか?

⑩福岡-草津 ○
福岡はこれで4連敗、4試合で4得点だが13失点で急降下。
一方の草津、Hでは6月2日以降勝ちがないが、Aでは連勝で状態は上向き。

⑫町田-京都 ○
京都は3連勝も圧倒的な感じはしなかった、
町田は15戦勝ち無しも、しぶとさは感じられた。

⑬愛媛-大分 ○
愛媛はアライール、東が欠場した影響もあったのか?
今シーズンH2敗目、これで連敗だが今シーズン3連敗はない。
大分は10試合連続得点、しっかり勝ってきた、
昇格争いをしているチーム以外にはなかなか負けない。

にほんブログ村 サッカーブログへ 
お役にたちましたらポチっとお願い致します。
①札幌-名古屋 ×
札幌が後半47分上原のゴールで今シーズン2勝目、
ナビスコを含め13試合連続失点中だが、
今期リーグ戦の勝ち点全がてHでのもの、Hは状況次第で要注意。
名古屋は久々の黒星、今期チーム得点25のうち、
15点を稼いでいるFW陣の離脱はやはり痛かったか。

②浦和-磐田 ○
ドローの多い浦和だが完封勝利でリーグ戦10試合負け無し。
磐田は勝ったり負けたりで不安定、出目的に次節は勝ち?

③柏-セレッソ ○
柏が圧勝、これでACL、ナビスコも含め20戦連続得点、連戦も6勝0分1敗。
セレッソはリーグ戦では5月25日から勝ちなし、リーグ戦は6戦連続で失点中。

④川崎-大宮 ○
終わってみれば川崎の圧勝、4試合ぶりの得点に、風間兄弟も出場。
大宮は先制するも追加点が奪えず、これで今期リーグ戦Aでは1勝3分5敗。

⑤神戸-ガンバ ○
ガンバ先制も逃げ切れず、大久保の1発でドロー。

⑥仙台-鳥栖 ×
この対戦でリーグ戦初めてのドロー。
仙台は勝ちきれない試合が増えてきた、鳥栖はAでも粘り強い。

⑦鹿島-広島 ○
好調の両者は引き分け、
鹿島はナビスコも含め12戦連続得点中、リーグ戦は5戦負け無し。
サンフレは首位キープ、リーグ戦は8戦負け無し。

⑧マリノス-清水 ×
離脱メンバーが少ない清水にかけたがW予想で外し・・・
マリノスはドゥトラ、マルキが復帰、これでリーグ戦12試合連続負けなし。
清水はリーグ戦9試合勝利無し。

⑪F東-新潟 ○
新潟が今シーズンリーグ戦、初の複数得点で完封勝利、
守備は安定しているだけに攻撃陣しだいではこわい存在。
FC東京はナビスコも含め6戦連続失点中、貯金がなくなった。

にほんブログ村 サッカーブログへ 
お役にたちましたらポチっとお願い致します。
第581回 toto
No.開催日ホームアウェイ予想
107/28札 幌名古屋2
207/28浦 和磐 田10
307/28 柏 C大阪1
407/28川 崎大 宮12
507/28神 戸G大阪10
607/28仙 台鳥 栖1
707/28鹿 島広 島02
807/28横浜M清 水02
907/29甲 府東京V10
1007/29福 岡草 津02
1107/28F東京新 潟12
1207/29町 田京 都2
1307/29愛 媛大 分02
toto予想メーカー

移籍や新加入、代表での離脱に怪我での離脱、
相変わらず難しいです。
暑い中での予想はかなりきついです、
ドカンと当てて、涼しい風でる機械買いたいな~

にほんブログ村 サッカーブログへ 
お役にたちましたらポチっとお願い致します。
①札幌-名古屋
最下位と6位の対戦、
過去の対戦成績では札幌にも可能性はあるが2008年以前の話。
今期リーグ戦での対戦はHの名古屋が3-1で勝利している。
前回の対戦で札幌は山本、内村が離脱中、2人も復帰しているが、
現在前田、高木、河合が離脱中でリーグ戦は9連敗中、
ただ今期リーグ戦の勝ち点が全てHでのもの、未知数ではあるが、
入団した2人の外国人選手が出てきて一発っていう可能性もある。
一方の名古屋、前回の対戦ではケネディーが離脱中、
現在はケネディー、玉田が離脱中で、永井は代表でいない。
6月16日以降ナビスコも含め黒星はなく上向きだが、
今期チーム得点25のうち15点を稼いでいるFW陣の離脱が心配、
連戦では2勝3分1敗とドロー先行。
荒れる可能性はあるがシングル勝負。

予想2

②浦和-磐田
3位と4位の対戦だが浦和が人気。
近年浦和は磐田に勝てていない、今期ナビスコでもAで3-4、
リーグ戦ではAで2-2、今期リーグ戦では5月3日以降負け無しで、
Hでは4勝3分1敗、ドローの多さが気になる。
磐田は今期リーグ戦、Hでは7勝1分1敗だが、Aだと2勝2分5敗、
ドローは少ないが不安定な戦いが増えてきた。
浦和は今期リーグ戦での対戦では梅崎が欠場、今回はポポが離脱中。
磐田は今期リーグ戦での対戦では山本康が出場停止、川口も離脱していた、
今回は川口に加えて、山本康が離脱、ぺクは代表でいない。
離脱者も少なく浦和寄りだが、勝ちきれない試合も多いのでドローもマーク。

予想 10

③柏-セレッソ
過去の対戦成績ではあまり差のない両者、どちらもナビスコからの連戦。
今期のリーグ戦では柏がA2-1で勝利、ACL、
ナビスコも加えると19試合連続で得点中だが
4試合連続失点中、ナビスコも含めここ4試合で15得点、
8失点と大味な感じがする。
前回の対戦では橋本が離脱中、現在特に故障者はいない。
今シーズンHでは2勝3分3敗といまいちだが、連戦は5勝0分1敗で苦にしていない。
一方のセレッソ、前回の対戦では丸橋が離脱、復帰しているが、
清武、キムボは移籍、杉本、扇原、山口は代表で離脱、ケンペスは出場停止、
リーグ戦では5月25日以降勝ち星がないが大崩れしない印象、
今期連戦では1勝1分3敗と分が悪い、チーム得点は19で、
そのうち現メンバーだと、播戸が1、柿谷が4、ブランキ-ニョが1で6得点のみ。
柏で勝負。

予想1

④川崎-大宮
過去の対戦で極端な差はない両者、中断期間がどうでるのか?
今期リーグ戦での対戦は川崎がA2-0で完封勝ち、
前回の対戦で離脱していた小宮山、ジェシに加え中村が?で
登里、森下は離脱中、柴崎、田坂も移籍?状態は下降気味に感じる。
一方の大宮、前回の対戦では村上が離脱中、現在北野が離脱中で、村上も再離脱、
東は代表、金とラファエルは退団。
こちらも下降気味、新外国人FWは未知数。
人気は川崎だが、チーム状態はどちらも良くないので両天秤。

予想12

⑤神戸-ガンバ
降格圏のガンバと13位神戸の対戦、ガンバは連戦だが神戸は休養たっぷり。
過去の戦績ではガンバ有利だが、開幕戦では神戸がA3-2で勝っており、
状況的に今期はあてはまらない。
開幕線で神戸は田代、高木、河本が欠場だったが現在は復帰、
前節欠場の大久保、茂木は離脱か?
一時期ナビスコも含め、5連敗の時期もあったが、その後ナビスコも含め、
4勝2分け1敗と上昇気味。
一方のガンバ、中断期間でDF陣が修正できたか注目したナビスコは、
柏にH3-1で敗戦、今節から離脱中だった加地が復帰らしいが簡単に修正出来るかは?
今期連戦は1勝2分3敗と良くない。
ガンバは復活するのか?このまま降格するのか?現状では神戸寄りで。

予想10

⑥仙台-鳥栖
2位仙台と8位鳥栖の対戦、過去仙台Hではドローがなく、
トータル成績では若干仙台が有利、
今期1度目の対戦ナビスコでは、H仙台が2-0で勝利、
仙台は連戦だが鳥栖は休養充分。
前回リーグ戦は鳥栖のHで1-1、仙台は渡辺、赤嶺が欠場も現在は復帰、
今節は上本、冨田、角田、関口の主力が離脱中、
ナビスコも含め5月26日以降黒星はないが、昨年同様ドローが増えてきた、
今シーズンリーグ戦Hでは6勝2分1敗、連戦は2勝2分1敗。
ベガルタは個人よりも総合力で強いと思うが、主力の離脱は気がかり。
一方の鳥栖、Aでは負け越しも、Hでは6勝3分1敗と貯金を作り健闘の8位、
個人的には豊田の更なる爆発と、早坂に期待してます。
Aでのナビスコには0-2で負け、リーグ戦はHで1-1のドロー、
前回は金 民友が出場停止、
池田、早坂は離脱中だったが今回は特に離脱者はいない、
今期リーグ戦Aで1勝3分4敗だが簡単には負けない印象。
しかし鳥栖が勝つかというと今シーズンのA戦績で?、
かといって過去の戦績からドローはつけにくい、非常に危険な感じはするし、
仙台が絶対的ではないが、これ以上Wは増やせず仙台のみマーク。

予想1

⑦鹿島-広島
11位鹿島と首位サンフレの対戦、過去の戦績では鹿島だが、
今シーズンの対戦ではHのサンフレが2-0で勝利、
現在の順位からして差は感じない。
鹿島は連戦で今シーズンの連戦成績は2勝2分2敗、
前回リーグ戦で鹿島は西が離脱中、今回復帰しているが、
興梠は出場停止で山村は代表。
6月16日以降ナビスコも含め黒星はなく、11戦連続得点中で上昇気配。
一方のサンフレ、前節勝利で10年振りの首位、
リーグ戦では5月12日以降黒星はなく好調キープ、
前回の対戦では石原、森崎浩が離脱中も現在は復帰、
今節は山岸が離脱中で、ミキッチは?
上昇中の両者だが首位と11位の対戦、ここはサンフレ寄りで。

予想02

⑧マリノス-清水
過去の対戦成績はほとんど五分、なぜか両者ともHよりAで強い。
マリノスは休養充分で、清水は連戦。
このカードは今期3度目の対戦で、1度目はナビスコ、Hの清水が1-0で勝利、
2度目はリーグ戦、清水のHで0-0ドロー。
前回の対戦でマリノスは小野が出場停止、斉藤は代表で離脱、
今節はドゥトラが離脱中でマルキは?斉藤は代表、中村は出場停止。
リーグ戦では3敗のみで4月21日以降黒星はないが、
6勝9分3敗とドロー先行で9位。
一方の清水、今シーズン7勝4分7敗だが、リーグ戦で5月6日以降勝ちがなく、
前半戦の好調さは感じない、今シーズンAでは3勝0分6敗、
連戦は2勝0分3敗といまいち、Aと連戦でのドローはまだない。
前回リーグ戦では小野、岩下が離脱で、吉田と村松は代表で離脱、
今節は村松が代表で離脱のみ。
負けないマリノスだが主力不在はマイナス、
一方下降気味もメンバーはほぼ揃った清水、
ドローは抑えるが清水の勝ちもマーク。

予想02

⑪F東-新潟
7位と16位の両者、FC東京が人気。
過去の対戦成績はほぼ五分、今期リーグ戦での対戦は、FC東京がA2-0で勝利、
FC東京は連戦、新潟は休養充分。
前回の対戦でFC東京は中村、加賀、田邉が離脱中で復帰しているが、
今節は梶山、太田、羽生が離脱中、権田、徳永は代表。
連戦成績は4勝0分3敗。7位だがリーグでは黒星が増えてきたが、
引き分けが1しかないのは好印象。
一方の新潟、今シーズンナビスコも含め24戦で2得点以上は1回のみ、
リーグ戦では1得点以上がない、ただ失点は21で、守備はそこそこ安定している。
前回の対戦で特に離脱者はいなかったが、
今節は内田、金珍が離脱中で、鈴木大は代表。
どちらも万全ではないため両天秤、ドローは勘弁。

予想12

にほんブログ村 サッカーブログへ 
お役にたちましたらポチっとお願い致します。
連戦の定義は下記日程の中3日までとします。

 リーグ戦→リーグ戦
  天皇杯→リーグ戦
ルヴァン杯→リーグ戦
  ACL→リーグ戦



toto情報はこちらからどうぞ
にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ


Yahoo! totoでtoto購入

久しぶりにあっという間の90分間でした、
金星っていう言葉はあてはまらない戦いぶりだったと思います、
今の五輪代表には、前評判とか、スペイン代表だとか、
チェルシーやバルサ所属の奴がいるとか、
そんなのは関係ないって感じがします、
こういう感じで試合に臨めている彼らは応援したくなります。
Jリーグが出来て、W杯に出場して、海外で活躍する選手が増え、
日本のサッカー界が少しずつレベルアップしてきた結果でしょう、
メダルなんか個人的にはどうでもいいです、
今持ってる力を思いっきり発揮して欲しいです。
とは言え、あと1、2点は欲しかったな~、決定力はまだまだ・・・
とにかくグループリーグを1位か2位で通過して、ブラジルと対戦して欲しいです、
toto的には、活躍されて移籍されるのは困りますが・・・

にほんブログ村 サッカーブログへ 
お役にたちましたらポチっとお願い致します。
⑨甲府-東V 
現時点での首位攻防戦、
過去の対戦では甲府がリード、Aで4勝1分けだが、Hだと1勝2敗で分が悪い。
今期の対戦でも甲府はA3-1で勝利、
前回の対戦で甲府は石原が出場停止、今回は冨田が離脱中。
東Vは前回の対戦で中谷、中後が離脱していたが復帰、
現在土屋が離脱中で、前節飯尾は休み?中後と梶川は出場停止、
おまけに5得点の杉本はセレッソへ、4得点の小林は磐田へ移籍、
一気に戦力ダウンした感じがする。
ここ7戦負け無しの甲府だが、今期4敗のうち3敗はHでの敗戦、
東Vは11戦連続で得点中だが戦力ダウンが心配。

予想 10

⑩福岡-草津
福岡が人気だが、あまり差は感じない。
過去の対戦成績では福岡有利だが、今期Aでの対戦では0-1で敗れている、
前回の対戦で福岡はキムが離脱していたが復帰、今回は尾亦が離脱中で
高橋は前節休み?直近3連敗で得点は4だが失点が10、DF陣の出場停止が原因か?
一方の草津は松下が出場停止、7連敗のあと、ここ10試合で失点は5のみで、
得点が7、いまの流れからすれば草津寄り、ドローが多いので0もマーク。

予想 02

⑫町田-京都
勝ち点14の町田と43の京都、
今期の対戦では京都がHで2-1での勝利、
前回の対戦で町田は特に離脱者はないが、現在下田、津田が離脱中で
前節は勝又が休み?
一方京都は前回の対戦で、中山、チョンウヨンが出場停止、
秋本とバヤリッツァが離脱していた。
今回は秋本、福村が出場停止、チョンウヨンは代表、下降気味だったが連勝中。
町田は4月30日以降勝ちはないが、引き分けは4度あり2回はHでのもの、
ここ10試合で得点は2、失点は13、勝ちはないと思うが、
京都が圧倒的に強い感じもしない、
単純予想は嫌な感じだが、京都のシングルで。

予想 2

⑬愛媛-大分
大分が人気だが、過去の対戦では五分の両者、愛媛はHでは負けがない。
今期の対戦ではHの大分が1-0で勝利、下降気味の愛媛と、
踏ん張りたい大分の対戦。
前回の対戦で愛媛は浦田が出場停止、東、高杉が離脱中、
今回3人共復帰しているが、関根が離脱中。
大分は前回の対戦では森島、西が離脱中、
2人共復帰しているがイドンミョンが離脱中。
愛媛は下降気味だが今期Hで6勝3分1敗、湘南や東Vにも勝っている、
大分は開幕戦での草津以外で負けたチームが、山形、甲府、千葉、東V、湘南と
昇格争いをしているチームが多い、
確率的に大分が負ける可能性は低いが、Hの愛媛は強いのも事実、
大分寄りだがドローもマーク。

予想 02

にほんブログ村 サッカーブログへ 
お役にたちましたらポチっとお願い致します。

PAGETOP